日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

レアル戦2Gで欧州移籍加速も…鹿島柴崎“低評価”の原因

 欧州代表レアル・マドリードの優勝で幕を閉じたクラブW杯。開催国代表の鹿島が、金満銀河系軍団と決勝で演じた好勝負が話題となった。

 中でも、2ゴールを挙げた鹿島MF柴崎岳(24)の名前は瞬く間に世界に広まり、「年明け1月の移籍マーケット解禁に合わせて欧州に渡るだろう」といわれている。

「もっとも、今夏にドイツ移籍に動いたが、失敗に終わっている」とサッカーライターが続ける。

「今季の欧州各国リーグが開幕する前の7月ごろ、日本代表MF長谷部誠(32)が所属するドイツ1部フランクフルトと移籍交渉を続けたが、条件面の折衝前に話が流れてしまった。その後もドイツ、それに柴崎本人が希望しているスペインにターゲットを絞り、インテルDF長友佑都(30)やレスターFW岡崎慎司(30)を抱え、欧州サッカー界にルートを持つ所属事務所も力を入れて移籍先を探したが、柴崎に興味を抱くクラブは現れず、結局、鹿島残留に落ち着いた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事