解任必至から一転 ハリル監督のクビつないだ“盟友”の退任

公開日: 更新日:

 ロシアW杯アジア最終予選の初戦が黒星スタート(UAE戦=9月1日)となった日本代表ハリルホジッチ監督(64)。それでも5戦目(11月15日)のサウジアラビア戦を2―1で勝利。3勝1分け1敗・勝ち点10で予選B組の2位につけている。サウジアラビアの後塵を拝しているとはいえ、現順位をキープすればW杯出場圏内。ここまで及第点と言ってもいいだろう。

 しかし、サウジ戦の前に「ハリル監督は能力不足。『たとえサウジ戦に勝っても解任すべし』という声を上げる選手やサッカー関係者が多く、解任は既定路線だった」とは放送関係者である。

 日本代表は、17年3月23日の敵地UAE戦を皮切りに9月5日の敵地サウジ戦まで気の抜けない戦いが続く。サウジ戦の後にハリル監督のクビを切り、後任には岡田武史元日本代表監督を据えるという話も出来上がっていた。しかし、サウジ戦の後は選手の間からも「いつも険しい顔をして『聞く耳なんて持たない!』という感じだったが、笑顔で対応する柔軟さも出てきた」などと好評。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

もっと見る