日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

筋肉だけじゃない レアルC・ロナウドの“モッコリ伝説”

 想定内と言えばそれまでだが、15日のクラブW杯(CWC)準決勝で欧州王者のレアル・マドリードが、北中米カリブ海王者のクラブ・アメリカ相手に2―0で快勝。

 18日の決勝(午後7時30分キックオフ)で開催国代表のJリーグ鹿島と対戦することになった。見どころは、「希代のスーパースターFWクリスティアーノ・ロナウド(31)は、鹿島相手に何点ブチ込むのか?」である。

「過密日程もコンディションに問題はなく、前半の左ポスト直撃のヘディングシュート、試合終盤のチーム2点目のゴールなど、フィジカル能力の高さが存分に発揮されました」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)

 ロナウドはCWCで来日中の12日、2年ぶり4回目の世界年間最優秀選手賞(バロンドール)を受賞した。このバロンドール受賞に関して、通算5回受賞のバルセロナFWメッシが「当代随一の天才技巧派FW」と評されるのに対して、ロナウドは「しょせんはフィジカルモンスター。身体能力に任せたサッカーしかできない」と受賞のたびに批判にさらされている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事