筋肉だけじゃない レアルC・ロナウドの“モッコリ伝説”

公開日: 更新日:

 想定内と言えばそれまでだが、15日のクラブW杯(CWC)準決勝で欧州王者のレアル・マドリードが、北中米カリブ海王者のクラブ・アメリカ相手に2―0で快勝。

 18日の決勝(午後7時30分キックオフ)で開催国代表のJリーグ鹿島と対戦することになった。見どころは、「希代のスーパースターFWクリスティアーノ・ロナウド(31)は、鹿島相手に何点ブチ込むのか?」である。

「過密日程もコンディションに問題はなく、前半の左ポスト直撃のヘディングシュート、試合終盤のチーム2点目のゴールなど、フィジカル能力の高さが存分に発揮されました」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)

 ロナウドはCWCで来日中の12日、2年ぶり4回目の世界年間最優秀選手賞(バロンドール)を受賞した。このバロンドール受賞に関して、通算5回受賞のバルセロナFWメッシが「当代随一の天才技巧派FW」と評されるのに対して、ロナウドは「しょせんはフィジカルモンスター。身体能力に任せたサッカーしかできない」と受賞のたびに批判にさらされている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る