高校ラグビー 桐蔭学園“頭脳プレー”で関東勢の優勝なるか

公開日: 更新日:

 高校ラグビーの4強が出揃った。

 関東勢は東京(東京第1)が東海大仰星(大阪第1)に敗れ、桐蔭学園(神奈川)が常翔学園(大阪第2)を下して2年連続のベスト4進出を決めた。

 桐蔭は2年連続の決勝進出をかけ、5日の準決勝で連覇を狙う東海大仰星と対戦する。高校ラグビーは11年大会(東福岡、桐蔭の両校優勝)を挟んで18大会連続で西日本勢が頂点に立っている。過去11年で4度も決勝で西日本勢の前に涙をのんできた桐蔭にとって、今大会は単独優勝を狙う絶好の機会だ。

 同校OBで日本代表FBの松島幸太朗(23=サントリー)が「日頃の練習から頭を使っている」と話す通り、伝統の頭脳的プレーは健在。FW、BKとも小柄な選手が多いものの、相手の隙を突いて自陣からでも仕掛ける積極的な攻撃が持ち味。U-18日本代表候補のCTB斉藤大朗(3年)を中心とした突破力は大会屈指とされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  3. 3

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  4. 4

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

  5. 5

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  6. 6

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  7. 7

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  8. 8

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  9. 9

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る