高校ラグビー 桐蔭学園“頭脳プレー”で関東勢の優勝なるか

公開日: 更新日:

 高校ラグビーの4強が出揃った。

 関東勢は東京(東京第1)が東海大仰星(大阪第1)に敗れ、桐蔭学園(神奈川)が常翔学園(大阪第2)を下して2年連続のベスト4進出を決めた。

 桐蔭は2年連続の決勝進出をかけ、5日の準決勝で連覇を狙う東海大仰星と対戦する。高校ラグビーは11年大会(東福岡、桐蔭の両校優勝)を挟んで18大会連続で西日本勢が頂点に立っている。過去11年で4度も決勝で西日本勢の前に涙をのんできた桐蔭にとって、今大会は単独優勝を狙う絶好の機会だ。

 同校OBで日本代表FBの松島幸太朗(23=サントリー)が「日頃の練習から頭を使っている」と話す通り、伝統の頭脳的プレーは健在。FW、BKとも小柄な選手が多いものの、相手の隙を突いて自陣からでも仕掛ける積極的な攻撃が持ち味。U-18日本代表候補のCTB斉藤大朗(3年)を中心とした突破力は大会屈指とされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  7. 7

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

もっと見る