日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

仏ならでは…五郎丸が求められる“十八番”とは別の武器

 今季開幕から初めてスタメン、フル出場を果たしたのが、ラグビーのフランス1部リーグ・トゥーロンの日本代表FB五郎丸歩(30)だ。

 13日(日本時間14日)、本拠地でのパリ戦に背番号「15」のジャージーを着て出場。相手DFの裏を突くキックや積極的なライン(攻撃)参加を見せて再三、好機を演出した。プレースキッカーは務めていないため、初得点はならなかったが、チームの勝利に貢献した。

 ラグビー界は現在、各国のナショナルチーム同士が対戦する「テストマッチ」期間。トゥーロンの正FBリー・ハーフペニーがウェールズ代表に招集され、五郎丸に出場機会が巡ってきた。正FBが再合流する12月上旬には出場機会が激減するのは必至。故障者が出れば、同じBKのポジションで起用される可能性はあるものの、日本人FBが欧州最高峰といわれるフランスリーグでの生き残りの鍵を握るのはキックの精度になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事