五郎丸にもフラれ…2年目サンウルブズが契約難航のワケ

公開日:  更新日:

 ラグビーの南半球最高峰リーグ参戦2年目を迎える日本のサンウルブズ。5日には来季から指揮を執るフィロ・ティアティア新ヘッドコーチ(45)の就任会見が行われ「19年W杯(日本)に向けて日本代表と連携して強化していきたい」と抱負を語った。

 参入1年目の昨季はW杯(イングランド)の開催年と重なりチーム編成が大幅に遅れた反省から、チームフロントは早々と選手選考に着手。日本代表、候補クラスの選手を中心にサンウルブズへの参加を打診したという。

 しかし、現段階では契約は難航しているそうで、オファーを出した33人のうち「口頭で合意に至っているのは14人」(サンウルブズ・渡瀬裕司業務執行理事代理)のみだという。

 会見に同席した日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチによれば、昨年のW杯で主力だったリーチ主将、SH田中、FB五郎丸らにも参加を呼び掛けているが「全てはうまくいかない」そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る