五郎丸にもフラれ…2年目サンウルブズが契約難航のワケ

公開日:  更新日:

 ラグビーの南半球最高峰リーグ参戦2年目を迎える日本のサンウルブズ。5日には来季から指揮を執るフィロ・ティアティア新ヘッドコーチ(45)の就任会見が行われ「19年W杯(日本)に向けて日本代表と連携して強化していきたい」と抱負を語った。

 参入1年目の昨季はW杯(イングランド)の開催年と重なりチーム編成が大幅に遅れた反省から、チームフロントは早々と選手選考に着手。日本代表、候補クラスの選手を中心にサンウルブズへの参加を打診したという。

 しかし、現段階では契約は難航しているそうで、オファーを出した33人のうち「口頭で合意に至っているのは14人」(サンウルブズ・渡瀬裕司業務執行理事代理)のみだという。

 会見に同席した日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチによれば、昨年のW杯で主力だったリーチ主将、SH田中、FB五郎丸らにも参加を呼び掛けているが「全てはうまくいかない」そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る