由伸監督の注意に忠実 Gドラ1吉川“新人離れ”スロー始動

公開日: 更新日:

 9日、川崎市のジャイアンツ球場で始まった巨人の新人合同自主トレ。高橋由伸監督(41)ら首脳陣が勢揃いで見守る中、最も目を引いたのは、ドラフト1位・吉川尚輝(21=中京学院大)――ではなく、ドラフト7位の台湾人右腕・廖任磊(23=リャオ・レンレイ)だった。

 キャッチボールの際、あっという間に約10メートルの距離まで離れると、身長201センチからブルペンさながらの全力投球を開始。相手役を務めた育成6位捕手の高山が、「座ったらもっと角度がついたでしょう。速い、重い。バットが砕かれそうですね。140キロ台後半は出ていたんじゃないですか」と目を丸くする剛速球を披露したのだ。「キャッチボールでアピールできたと思う」とニヤリと笑ったリャオは、“専門外”のバットでもティー打撃で鋭いスイングを連発。日本ハムの栗山監督だったら即二刀流指令を出しそうな身体能力の高さを見せ、視察した村田ヘッドコーチや江藤打撃コーチを驚かせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る