日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本実業団陸上競技連合 西川晃一郎会長インタビュー<下>

 インタビューの最終回は、駅伝とマラソンの関係、東京五輪でのメダルの可能性などについて聞いた。

――元日の実業団駅伝も大学生の箱根駅伝も終わりました。日本のマラソン低迷はビッグイベントで人気もある駅伝が原因という声があります。その点についてはどう思いますか。

「私もいろいろなところからそのようなお話は伺います。これについてはですね、実業団の各社に、何のために駅伝をやっているのかというアンケートを取って調べたことがあります。宣伝という位置づけというよりは、多くは企業の社会的責任(CSR=コーポレート・ソーシャル・レスポンシビリティー)の一環として、広くは日本のスポーツ界、または地域に貢献したり、もっと端的に言えば、会社の士気やモラルを高めるということです。特にモノづくりの会社はチームでやっている。たすきをつなぐ素晴らしさですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事