G球場で初練習 山口俊に課せられる“古巣斬り”の大仕事

公開日:  更新日:

 DeNAから巨人にFA入団した山口俊(29)が驚いた。17日、川崎市のジャイアンツ球場を初めて訪れ、2時間の練習。「施設がすごかった」と目を丸くした。前日に相川らと行った自主トレ先のサイパンから帰国したばかり。18日からは鳥取のトレーニング施設で調整するという。そんな新戦力に巨人が求める“仕事”がある。

 2位に終わった巨人は昨季、3位のDeNAに10勝14敗1分けと負け越した。CSファーストステージでも1勝2敗で敗退。14年も11勝13敗と負け越している。かつてはカモにしていたが、最近は立場が逆転。特に先発陣がDeNA打線を苦にする傾向がある。

 昨季のDeNA戦に3試合以上先発した投手では、エースの菅野が5試合に登板し、1勝1敗、防御率4.05。同じく5試合の内海は2勝2敗、同6.00。3試合の大竹は1勝1敗、同5.94。チームで唯一2ケタ勝利(10勝)を挙げた成長株の田口も3試合で1勝2敗、同3.74。4試合のマイコラスが1勝、同3.86と苦手意識こそないものの、他はこぞって打ち込まれている。そこで山口俊だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る