孤高が一変…復活期すG杉内は年俸5000万円でも重責担う

公開日: 更新日:

 巨人の杉内俊哉(36)が13日、鹿児島・薩摩川内市内で行っている自主トレを公開した。

 15年10月に受けた右股関節手術の影響で昨年は一軍登板なし。「キャッチボールもだいぶ投げられている。去年のこの時期に比べると、かなり野球選手らしくなってきた。1年間投げていないので忘れている方もいると思うけど、ローテーションを守れれば2ケタ勝つ自信はある」と言い切った。

 昨年、5億円から実に4億5000万円減の年俸5000万円となり、今季も現状維持で臨む。あと58勝に迫った200勝が大きなモチベーションとなっている。届くか届かないか、微妙なところだが、本人はまだ諦めていない。若手中心の昨秋のキャンプに直訴して参加。高橋監督を大いに感心させるなど、クールだった頃とは変化している。オフの大型補強でソフトバンクから森福がFA加入。これも心境の変化につながっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  8. 8

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る