投打に加え右翼守備 これが栗山監督の描く「大谷三刀流」

公開日: 更新日:

 日本ハムに来季オフ以降のメジャー挑戦を容認された大谷翔平(22)。指揮を執る栗山監督は「そのとき」に備え、現在の二刀流をバージョンアップすべく来季に向けた新たなプランを温めているという。それは、これまでの投手、代打とDHに加え、守備もこなす「三刀流」構想だ。

 メジャーで現在、投手も打席に立てるのはナ・リーグの15球団。ア・リーグはDH制を採用しているし、ナ・リーグも近い将来、DH制に移行するといわれる。投げて打つだけの二刀流ではどうしても起用法が制限されるから、どんな状況にも対応できるよう、いまから準備させたいということ。そのためにも、ここ2年間、封印していた外野守備を解禁する腹積もりなのだ。

 大谷は1年目の13年に54試合、14年には8試合、右翼守備に就いている。計62試合で、失策はわずかに1。高校時代にも外野を守った経験があり、守備範囲も肩の強さも問題ないどころかヘタな外野手をしのぐレベル。3年目以降、外野守備に就かなくなったのは、守りの負担を軽減して投打に磨きをかけるためだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る