大谷翔平インタビュー<上> 初めて明かすメジャーへの思い

公開日: 更新日:

 日本ハムからメジャー挑戦を容認され、今オフにも海を渡る可能性のある大谷翔平(22)。米球界は早くも「年俸30億円の200億円契約」などと大騒ぎだ。3月には試金石ともいえるWBCがあるが、使用球に違和感はないか。メジャーで高騰する一方の評価をどう受け止めているか。行きたい球団はどこか。本人に直撃してみた。

――まずは昨年11月に行われたWBC強化試合のことから。メキシコ代表のエイドリアン・ゴンザレス(34=ドジャースの4番打者)とはどんな話をしたのですか。

「ゴンザレス選手ですか? いや、もう、フツーに話しましたよ。バッティングとか、フツーに話しました。初めて会ったので」

――具体的にはどんな話ですか。打撃技術に関してとか……。

「いや、そんな大した話じゃないです。冗談でバッティングを教えてよと言われたりとか、そんな楽しい会話でしたけど」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  3. 3

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  4. 4

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  5. 5

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  7. 7

    昔はリクルートで食べている物書きがたくさんいた

  8. 8

    熱海の空き家がなんと「1円」…購入はお宝か、お荷物か?

  9. 9

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  10. 10

    「利他」の落とし穴とブームへの懸念 伊藤亜紗氏に聞いた

もっと見る