• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カープ鈴木とSB内川 今年は“相乗効果”の合同自主トレに

 昨年の流行語大賞となった「神ってる」でブレークした男が、今年も「師匠」に弟子入りした。

 広島の鈴木誠也(22)が23日、宮崎・日向で行っているソフトバンクの内川聖一(34)との合同自主トレを公開した。

 昨季は打率.335、29本塁打、95打点とキャリアハイの成績。25年ぶりのリーグ優勝に貢献し、ベストナインにも選ばれた。それでも昨年に続き、2年連続で内川塾の門を叩いた。

「何かを変えたいという思いで今季に臨んでいる。昨季の打撃を一度忘れて、またここで新しい打撃を身につけたいと思って内川さんにお願いしました」と話した。

 オフのたびに自身の課題と向き合っている。高卒2年目を終えた2年前のオフは、広島の先輩・丸に弟子入りした。「ボクはどうしてもボール球になる変化球を振ってしまう。でも丸さんは絶対に振らない。何か秘密があるのかと思って」と理由を明かしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  6. 6

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  7. 7

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る