日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カープ鈴木とSB内川 今年は“相乗効果”の合同自主トレに

 昨年の流行語大賞となった「神ってる」でブレークした男が、今年も「師匠」に弟子入りした。

 広島の鈴木誠也(22)が23日、宮崎・日向で行っているソフトバンクの内川聖一(34)との合同自主トレを公開した。

 昨季は打率.335、29本塁打、95打点とキャリアハイの成績。25年ぶりのリーグ優勝に貢献し、ベストナインにも選ばれた。それでも昨年に続き、2年連続で内川塾の門を叩いた。

「何かを変えたいという思いで今季に臨んでいる。昨季の打撃を一度忘れて、またここで新しい打撃を身につけたいと思って内川さんにお願いしました」と話した。

 オフのたびに自身の課題と向き合っている。高卒2年目を終えた2年前のオフは、広島の先輩・丸に弟子入りした。「ボクはどうしてもボール球になる変化球を振ってしまう。でも丸さんは絶対に振らない。何か秘密があるのかと思って」と理由を明かしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事