カープ鈴木とSB内川 今年は“相乗効果”の合同自主トレに

公開日: 更新日:

 昨年の流行語大賞となった「神ってる」でブレークした男が、今年も「師匠」に弟子入りした。

 広島鈴木誠也(22)が23日、宮崎・日向で行っているソフトバンク内川聖一(34)との合同自主トレを公開した。

 昨季は打率.335、29本塁打、95打点とキャリアハイの成績。25年ぶりのリーグ優勝に貢献し、ベストナインにも選ばれた。それでも昨年に続き、2年連続で内川塾の門を叩いた。

「何かを変えたいという思いで今季に臨んでいる。昨季の打撃を一度忘れて、またここで新しい打撃を身につけたいと思って内川さんにお願いしました」と話した。

 オフのたびに自身の課題と向き合っている。高卒2年目を終えた2年前のオフは、広島の先輩・丸に弟子入りした。「ボクはどうしてもボール球になる変化球を振ってしまう。でも丸さんは絶対に振らない。何か秘密があるのかと思って」と理由を明かしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る