“神ってる男”広島・鈴木が吐露 「1カ月の間隔難しい…」

公開日: 更新日:

 今季、一気に大ブレークした。交流戦で2試合連続サヨナラ弾を含む3試合連続決勝本塁打(球団20年ぶり)を放ち、緒方監督に「神っている」と言わしめた。神懸かり的だったカープ躍進の象徴となった、今最も勢いに乗る男、広島・鈴木誠也(22)を直撃した。

■まだレギュラーとも思ってない

――広島の25年ぶりリーグ優勝の立役者になった。

「いやいや、まだレギュラーだとも思っていないんです。(ヤクルト)山田さんのように3年連続でいい成績を残せたらレギュラー。代わりがいない選手のことです。ボクの代わりなんていくらでもいますから、いつも危機感を持っています」

――CSは初の本拠地開催。緊張している?

「今はまだですね。マジック2で優勝が決まるかもしれなかったマツダ(スタジアム)の試合や、胴上げした東京ドームの試合もそうだけど、異様な雰囲気の中で、ある程度は普通の精神状態で入っていけたので自信にはなりました。CSはそれ以上のものがあると思いますが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  2. 2

    相次ぐ噴火で火山灰蓄積…“災害級”冷夏の到来を専門家が指摘

  3. 3

    やはり“首相案件”「毎月勤労統計」賃金カサ上げのシナリオ

  4. 4

    良好な経済指標ズラリ 民主党政権は本当に“悪夢”だったか

  5. 5

    安倍首相イージス・アショア導入は「自宅から通えるから」

  6. 6

    嘘とごまかしだらけ…安倍化した日本はかなり劣化した

  7. 7

    結果が出る前に…安倍政権は沖縄県民投票“ガン無視”モード

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    陸自の特殊作戦群の創始者が語る「武」を放棄した国の哀れ

  10. 10

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

もっと見る