“神ってる男”広島・鈴木が吐露 「1カ月の間隔難しい…」

公開日:  更新日:

 今季、一気に大ブレークした。交流戦で2試合連続サヨナラ弾を含む3試合連続決勝本塁打(球団20年ぶり)を放ち、緒方監督に「神っている」と言わしめた。神懸かり的だったカープ躍進の象徴となった、今最も勢いに乗る男、広島・鈴木誠也(22)を直撃した。

■まだレギュラーとも思ってない

――広島の25年ぶりリーグ優勝の立役者になった。

「いやいや、まだレギュラーだとも思っていないんです。(ヤクルト)山田さんのように3年連続でいい成績を残せたらレギュラー。代わりがいない選手のことです。ボクの代わりなんていくらでもいますから、いつも危機感を持っています」

――CSは初の本拠地開催。緊張している?

「今はまだですね。マジック2で優勝が決まるかもしれなかったマツダ(スタジアム)の試合や、胴上げした東京ドームの試合もそうだけど、異様な雰囲気の中で、ある程度は普通の精神状態で入っていけたので自信にはなりました。CSはそれ以上のものがあると思いますが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

もっと見る