昇給も“神ってる” 広島・鈴木253%増に「内川道場」効果

公開日: 更新日:

 広島鈴木誠也(22)が昨14日、契約更改交渉に臨み、4300万円増の年俸6000万円でサインした。

 今季は129試合の出場でリーグ2位の打率.335、29本塁打、95打点、16盗塁の好成績。右翼のレギュラーの座をつかみ、25年ぶりにリーグ優勝を果たしたチームを象徴する選手となった。

 2試合連続サヨナラ本塁打を放った6月18日のオリックス戦後に緒方監督が言った「神ってる」は、今年の流行語大賞を受賞。全国的に注目を集めた年を振り返り、「『神ってる』と言ってくださったおかげで(自分を)知ってもらえたと思う。まだまだ満足していない。来年は1年間フルに出て新しい自分に出会えるように頑張りたい」と笑顔を見せた。

 出だしは最悪だった。キャンプ中に右足太もも裏を肉離れ。開幕一軍を逃した。4月に一軍に昇格するも、なかなか安打が出ず、月間打率は.250。当時、「ヤバイっすね。クソみたいな打撃しかできてないんで。このままじゃ、また二軍っす」と漏らしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る