昇給も“神ってる” 広島・鈴木253%増に「内川道場」効果

公開日: 更新日:

 広島鈴木誠也(22)が昨14日、契約更改交渉に臨み、4300万円増の年俸6000万円でサインした。

 今季は129試合の出場でリーグ2位の打率.335、29本塁打、95打点、16盗塁の好成績。右翼のレギュラーの座をつかみ、25年ぶりにリーグ優勝を果たしたチームを象徴する選手となった。

 2試合連続サヨナラ本塁打を放った6月18日のオリックス戦後に緒方監督が言った「神ってる」は、今年の流行語大賞を受賞。全国的に注目を集めた年を振り返り、「『神ってる』と言ってくださったおかげで(自分を)知ってもらえたと思う。まだまだ満足していない。来年は1年間フルに出て新しい自分に出会えるように頑張りたい」と笑顔を見せた。

 出だしは最悪だった。キャンプ中に右足太もも裏を肉離れ。開幕一軍を逃した。4月に一軍に昇格するも、なかなか安打が出ず、月間打率は.250。当時、「ヤバイっすね。クソみたいな打撃しかできてないんで。このままじゃ、また二軍っす」と漏らしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  3. 3

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  4. 4

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  5. 5

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  6. 6

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  7. 7

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  8. 8

    東出昌大“超マザコン伝説”囲み会見後は母親の運転で実家へ

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

もっと見る