昇給も“神ってる” 広島・鈴木253%増に「内川道場」効果

公開日:  更新日:

 広島の鈴木誠也(22)が昨14日、契約更改交渉に臨み、4300万円増の年俸6000万円でサインした。

 今季は129試合の出場でリーグ2位の打率.335、29本塁打、95打点、16盗塁の好成績。右翼のレギュラーの座をつかみ、25年ぶりにリーグ優勝を果たしたチームを象徴する選手となった。

 2試合連続サヨナラ本塁打を放った6月18日のオリックス戦後に緒方監督が言った「神ってる」は、今年の流行語大賞を受賞。全国的に注目を集めた年を振り返り、「『神ってる』と言ってくださったおかげで(自分を)知ってもらえたと思う。まだまだ満足していない。来年は1年間フルに出て新しい自分に出会えるように頑張りたい」と笑顔を見せた。

 出だしは最悪だった。キャンプ中に右足太もも裏を肉離れ。開幕一軍を逃した。4月に一軍に昇格するも、なかなか安打が出ず、月間打率は.250。当時、「ヤバイっすね。クソみたいな打撃しかできてないんで。このままじゃ、また二軍っす」と漏らしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る