引っ張り専門から進化 早実・清宮「左翼へ78号」の価値

公開日:  更新日:

 早実(東京)の清宮幸太郎(2年)が2発を放ち、高校通算を78本塁打に伸ばした。

 20日、磐城(福島)の野球部創部110周年記念試合に「3番・一塁」で出場。三回の2打席目に内角低めの直球を右翼席へ77号を放り込むと、六回の4打席目には左投手の外角高め直球を左越えに78号を放った。

 これだけ打っていながら、逆方向への一発はまだ2本目。試合が行われた「いわきグリーンスタジアム」は、両翼100メートル、中堅122メートルで、プロ野球も開催される球場だ。清宮は「なかなか出ない当たり。全然入ると思わなかった。自信になった」と珍しい本塁打に頭をかいた。

 DeNAの筒香と比較されることが多い左の大砲ながら、元横浜高の小倉清一郎氏は日刊ゲンダイで連載中のコラムの中で「教え子の筒香は、タイミングの取り方が悪かったことや、故障していた時期があり、通算69本塁打にとどまったが、広角に大きい当たりが打てた。清宮は引っ張り専門なのが気になる。これから清宮はさらに勝負を避けられる場面が増えてくる。仮に勝負でも外角一辺倒になる。外を逆方向へ飛ばす打ち方を覚えた方がいい」と指摘している。年内最後の対外試合で、流してもブチ込める「自信」を得たことは、清宮にとっても早実にとっても大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る