• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

エース温存で決勝進出 新鋭の桜美林大「快進撃」の舞台裏

 結成10年に満たない新鋭が名門を圧倒した。15日の明治神宮大会大学の部準決勝で、桜美林大(関東5連盟第1)が日大(東都大学)に7-4で勝利。16日の明大(東京六大学)との決勝へ向け、ロッテから1位指名されたエースの佐々木千隼(4年=日野)を温存し、継投で逃げ切った。津野監督は「今日は佐々木を出すつもりはなかった」とキッパリ。初出場でいきなりの決勝進出だ。

 09年に準硬式野球部から移行した。東海大の1強時代が続いていた首都大学野球連盟に加盟し、2部からスタート。14年春に1部昇格を果たし、今秋のリーグ戦で初優勝した。桜美林大野球部関係者が明かす。

「かつては桑田さん、大森さん、川相さんといった巨人OBの息子が在籍していることで、大学の名前を露出させていた。川相さんの次男は卒業後に大学のコーチに就任したが、今は巨人の育成選手です。11年に専用グラウンドが完成し、選手を鍛える環境が整い、名前を売る段階から、徐々に勝つ段階へ。部員はゆうに100人を超えるが、関東を中心に強豪校の準レギュラーや、地区で2番手クラスの高校の選手を集めて鍛えている。佐々木千も都立校出身です。昨年、元横浜の野村弘樹氏が特別コーチに就任したのも大きい。2年生の長男が在籍している縁もありますが、元プロに教われるという口説き文句は、今時の高校生には効力があるのです」

 初物尽くしの快進撃である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る