落合GM退任で異変 竜次期監督レースに生え抜きOB再浮上

公開日:

「これでむしろ、先行きが見えなくなった」と語るのは、中日のベテランOBだ。

 今季から森繁和新監督(62)が就任した一方で、落合博満GM(63)が今月限りで退任。早くもナゴヤでは、今後の体制についての話題が浮上している。

「森監督の契約年数は複数年としか発表されていないが、結果次第で任期は流動的になるだろう。今季から2年程度で一定の成果を残せば、就任会見でも本人が『いい形ができたと思ったらそのときは身を引く』と話しているように、小笠原二軍監督(43)に禅譲するのが基本線といわれている。森監督が3年、4年と指揮を執り続けることも十分に考えられます」(マスコミ関係者)

■“後ろ盾”が不在

 しかし、冒頭のOBは、「『森から小笠原』という道筋に関しては今後、どうなるかわからない」と、こう続けるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る