落合GM退任で異変 竜次期監督レースに生え抜きOB再浮上

公開日:

「これでむしろ、先行きが見えなくなった」と語るのは、中日のベテランOBだ。

 今季から森繁和新監督(62)が就任した一方で、落合博満GM(63)が今月限りで退任。早くもナゴヤでは、今後の体制についての話題が浮上している。

「森監督の契約年数は複数年としか発表されていないが、結果次第で任期は流動的になるだろう。今季から2年程度で一定の成果を残せば、就任会見でも本人が『いい形ができたと思ったらそのときは身を引く』と話しているように、小笠原二軍監督(43)に禅譲するのが基本線といわれている。森監督が3年、4年と指揮を執り続けることも十分に考えられます」(マスコミ関係者)

■“後ろ盾”が不在

 しかし、冒頭のOBは、「『森から小笠原』という道筋に関しては今後、どうなるかわからない」と、こう続けるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る