中日森監督 G入り濃厚FA山口に“横やりラブコール”の意味

公開日: 更新日:

 G山口「今月中」誕生へ――。

 巨人系列のスポーツ報知がそう書く中、中日森繁和監督(62)がFA宣言中のDeNA・山口俊(29)に「来てくれたらいいな。これからの交渉次第ではチャンスはあると思っている」とラブコール。球団が秘密裏に進めていた獲得レース参戦を突然、明らかにしたものだから、スポーツ紙も揃って報じた。

 これまで本人が交渉のテーブルについたのは巨人のみ。山口は「今月中に結論を出す」としていて、巨人絶対有利の状況は変わらない。

「実際、中日は後れを取っている。森監督の発言は、逆転を狙って山口へ熱意を伝えることと、チーム強化の努力はしているというファンへのアピールの意味合いでしょうが、もうひとつ、今後も“巨人の思い通りにはさせませんよ”という宣戦布告ですよ」とは球界関係者の解説だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  2. 2

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  3. 3

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  4. 4

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  5. 5

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  8. 8

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  9. 9

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  10. 10

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

もっと見る