日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

落合GM“解任”の内幕 クビの決め手は中日ファンの脅迫電話

 事実上のクビだ。

 中日の落合GMが契約満了となる来年1月末に退任することになった。

「もう置いてはおけないだろう」

 谷繁監督が途中休養となり、次期監督問題が浮上した夏場、白井文吾オーナー(88)は落合GMの去就について、こう漏らしたという。

 8月にチームは最下位に転落、球団史上初となる4年連続Bクラスが濃厚となった。落合GMは白井オーナーと相談した末、谷繁監督を途中休養させた。編成トップの落合GMは休養会見を球団社長らに丸投げし、自らは言葉を発しなかった。白井オーナーは「編成面に責任はない」と落合GMをかばった。これが本社、球団内の反落合勢力を勢いづかせることになったという。

「監督だけに詰め腹を切らせて、落合に責任はないのか!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事