落合GM“解任”の内幕 クビの決め手は中日ファンの脅迫電話

公開日: 更新日:

 事実上のクビだ。

 中日の落合GMが契約満了となる来年1月末に退任することになった。

「もう置いてはおけないだろう」

 谷繁監督が途中休養となり、次期監督問題が浮上した夏場、白井文吾オーナー(88)は落合GMの去就について、こう漏らしたという。

 8月にチームは最下位に転落、球団史上初となる4年連続Bクラスが濃厚となった。落合GMは白井オーナーと相談した末、谷繁監督を途中休養させた。編成トップの落合GMは休養会見を球団社長らに丸投げし、自らは言葉を発しなかった。白井オーナーは「編成面に責任はない」と落合GMをかばった。これが本社、球団内の反落合勢力を勢いづかせることになったという。

「監督だけに詰め腹を切らせて、落合に責任はないのか!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  3. 3

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  4. 4

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  7. 7

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  8. 8

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

  9. 9

    昔はリクルートで食べている物書きがたくさんいた

  10. 10

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

もっと見る