日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中日・落合GM「巨人入り」説も 由伸監督の参謀役に待望論

 中日・落合博満GM(63)の来年1月末での退団が20日に発表され、球界ではさっそくこんな声が聞かれる。

「巨人を苦しめた中日監督時代の実績を買う球団はいくつかあるでしょう。マスコミ嫌いで有名。ファンを大事にするチームは無理でも、次の楽天とかオリックスとか、どうしても勝ちたい球団の次期監督候補に挙がる可能性は十分あります」(球界関係者)

 04年から中日の監督を8年間務めた。この間、リーグ優勝4度、2位3度、3位1度と全てAクラス入り。日本一も経験した。

 中日の球団内には「ここまで嫌われて、声を掛けるところなんてありませんよ」と鼻で笑う関係者がいる一方、「いや、OBでもある巨人が何らかの形で動くんじゃないか。他の球団の監督として復帰する前に、囲い込む。中日のGMというフロント職ではケチをつけたけど、補強費が30億円も使える巨人なら“オレ流”が発揮できるんじゃないか。GMじゃなくても、例えばアドバイザーとして球団に迎え、巨人に牙をむかせないようにするだけでも効果はあるでしょう。巨人も球団のお偉いさんの中に評価している人がいるみたいですからね」と別の中日関係者は巨人入りを警戒する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事