中日・落合GM「巨人入り」説も 由伸監督の参謀役に待望論

公開日: 更新日:

 中日落合博満GM(63)の来年1月末での退団が20日に発表され、球界ではさっそくこんな声が聞かれる。

巨人を苦しめた中日監督時代の実績を買う球団はいくつかあるでしょう。マスコミ嫌いで有名。ファンを大事にするチームは無理でも、次の楽天とかオリックスとか、どうしても勝ちたい球団の次期監督候補に挙がる可能性は十分あります」(球界関係者)

 04年から中日の監督を8年間務めた。この間、リーグ優勝4度、2位3度、3位1度と全てAクラス入り。日本一も経験した。

 中日の球団内には「ここまで嫌われて、声を掛けるところなんてありませんよ」と鼻で笑う関係者がいる一方、「いや、OBでもある巨人が何らかの形で動くんじゃないか。他の球団の監督として復帰する前に、囲い込む。中日のGMというフロント職ではケチをつけたけど、補強費が30億円も使える巨人なら“オレ流”が発揮できるんじゃないか。GMじゃなくても、例えばアドバイザーとして球団に迎え、巨人に牙をむかせないようにするだけでも効果はあるでしょう。巨人も球団のお偉いさんの中に評価している人がいるみたいですからね」と別の中日関係者は巨人入りを警戒する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  3. 3

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  4. 4

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  5. 5

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  7. 7

    昔はリクルートで食べている物書きがたくさんいた

  8. 8

    熱海の空き家がなんと「1円」…購入はお宝か、お荷物か?

  9. 9

    「利他」の落とし穴とブームへの懸念 伊藤亜紗氏に聞いた

  10. 10

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

もっと見る