内部から不要論まで 勝てないウッズにスポンサーがソッポ

公開日: 更新日:

 予選落ちと棄権。これが今年2試合に出場したタイガー・ウッズの成績だ。

 1年5カ月ぶりにツアー復帰戦に選んだのはファーマーズ・インシュアランス。会場のトーリーパインズGCでは、過去8勝とコースを得意にしていたが予選を突破できなかった。

 ドバイのエミレーツGCでは2勝しているが、腰痛で初日の18ホールしかプレーできなかった。だから、「ウッズも潔く引退した方がいい」という指摘がツアー内部から出ており、タイガー不要論まで聞こえてきた。

 あるブックメーカーは、ウッズが来年1月1日までに引退すれば2.9倍、今すぐではないにしても、賭け率は引退間近という数字にも見えてくる。

■「情熱戻すことは難しい」

 かつてのコーチ、ブッチ・ハーモンは、「タイガーはもうあるレベルではプレーできないかもしれない」と語っている。もうひとりのハンク・ヘイニーも同じようにウッズの才能は高く評価しながら、「健康を除けば、ウッズに最も重要なのは意欲だ。一度失ったプレーに対する意欲や勝つことへの情熱を元に戻すことは難しい」と語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  8. 8

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    格差容認、中韓嫌い 安倍4選を支持する強固な3割の正体

もっと見る