ウッズ戦列復帰も 業界が嘆く“スター不在”で失われた人気

公開日: 更新日:

「ウッズが今もバリバリ活躍していれば違っていたかもしれない……」

 そう思っているゴルフ関係者は少なくないだろう。

 タイガー・ウッズ(40)が自身のSNSで、来年2月に行われる「ジェネシスオープン」(16~19日=リビエラCC)でのツアー復帰を明らかにした。

 来年から韓国の現代自動車がスポンサーになるこの大会を選んだのは、ウッズの財団が主催者になることと、アマチュア時代の92年、当時16歳で初めて出場したPGAツアー(当時はニッサン・ロサンゼルスオープン)の開催コースだったからだ。

 ウッズの戦列復帰は業界にとっては明るい話題とはいえ、世界的なゴルフ人気の低迷は、ウッズの衰えと次なるスターの不在が大きな要因といわれている。

 今年5月、アディダス本社がテーラーメイドを売却することを発表。8月には、96年からウッズと契約しているナイキも、クラブ、ボール、ゴルフバッグのビジネスから撤退すると発表し、業界に衝撃が走った。全盛時代、カネをたんまり蓄えたウッズがテーラーメイドを買収か、という噂も立った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る