場外弾100発超! 日ハム中田翔“突然の豹変”に2つの理由

公開日:  更新日:

 WBC日本代表の日本ハム、中田翔(27)が13日、規格外のパワーを見せつけた。

 二軍の国頭から合流初日のこの日、全体練習後のロングティーで柵越えどころか、外野のネット越えの打球を連発。実に100球以上を球場の外までかっ飛ばした。

 打球に当たって折れた木の枝が落下、ファンに直撃するシーンも。球場外にいたスポーツ紙のカメラマンは打球をかわした際に体勢を崩し、転んでカメラを壊すハプニングまであった。

「飛距離? 風でしょ。(痛めている)左手首の不安もあって、強くは振ってなかった。それでも気持ちよく打てているのは(国頭と)変わらない。国頭では、とにかく数を振ることをテーマにしていた。今後は細かい技術にこだわっていきたい」とは中田だ。

 国頭では毎晩、夜間練習を行い、ひたすらバットを振り込んだ。若手が首脳陣に命じられて渋々、夜間練習を行うのは、ままある話。しかし、4番を打つ主砲が毎晩、夜間練習で振り込むというのは珍しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る