日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

嘆く栗山監督…大谷が沖縄で打撃練習“ペースアップ宣言”

「今月は一回もバットを振らなくても、(開幕には)間に合う。ずっと本人にも言ってるんだけど……ねぇ」

 栗山監督がこう言って苦笑した。

 米アリゾナキャンプを打ち上げ、12日に沖縄入りした日本ハム。名護での2次キャンプは13日から行われ、選手はこの日、午後から約1時間、軽めに体を動かした。

 栗山監督がしきりにブレーキをかけているのは、大谷翔平(22)に対してだ。報道陣から調整について聞かれると、「(沖縄は)もう少し寒い方がいいかも」と、こう続けた。

「寒い方が丁寧に体をつくれるでしょ? 暖かいと体が出来上がったかどうかわからない。打つ方のプランはある。次のクールから(ペースを)落としながら見極めたい。スパイクで走るのと打撃練習のどっちが先か? 本人は打ちたいらしいけど……それじゃダメだと何度も言っている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事