村田修一は“守備の人” 巨人内部とは違う他球団の高評価

公開日:  更新日:

 巨人の村田修一(36)が16日、全体練習後に阿部、坂本と特守を行った。このキャンプで初めてノックバットを握った高橋由伸監督(41)から左右に振られること1時間。大粒の汗を垂らしながら白球を追った。

 このオフの大型補強により、同じ三塁で4番候補のマギーが加入。尻に火がついている。

 昨季は岡本との正三塁手争いを制し、全143試合に出場。打率.302、25本塁打、81打点の好成績を収めた。それでも球団が三塁手の補強に動いたように、必ずしも身内の評価は高くない。

 が、他球団の評価は別だ。ただ、恐れられているのは打撃ではない。侍ジャパンのメンバーでもあるある野手がこう言うのだ。

「巨人の開幕三塁はマギーが濃厚? マジっすか? 村田さんじゃないんですか? ボクらが嫌なのは村田さんの守備なんです。三塁線の打球とか、よし抜けた! っていう打球を何度さばかれたことか。グラブさばきというか、ハンドリングが柔らかくて、どんな体勢からでも送球が安定していること。昨年ゴールデン・グラブ賞を取ったけど、ベテランになった今でも球界随一の三塁手ですよ。ボクの中では、(中村)ノリさんに次ぐ歴代2位。マギーって村田さんよりうまくないでしょ? それならラッキーですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る