FA山口俊“開幕アウト”でも巨人は痛くも痒くもないワケ

公開日:

 大型補強をしたはずの巨人のFA組がピリッとしない。

 一軍は14日から那覇市で始まる2次キャンプに備え、13日に沖縄へ移動した。だが、下半身の張りを訴えている陽岱鋼(30)はそのまま残留。13日に宮崎入りした三軍でリハビリを兼ねた調整を行うことになった。

 目も当てられないのは山口俊(29)である。右肩痛のため、キャンプは三軍スタート。ジャイアンツ球場に残留することになり、キャンプ地の宮崎にすら行けない。やっと宮崎へ、と思った矢先の11日に、今度はインフルエンザA型に感染し、自宅静養中。開幕はアウトである。

 4年総額8億円の大型契約。大枚をはたいただけに、高橋監督ら首脳陣が、開幕からローテーションに入ってフル回転して欲しいと考えるのは当然だ。

■DeNA陣営の読みは…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る