• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

打撃期待はずれ…阪神新外国人キャンベルに“三くだり半”

「ホンマに大丈夫かな」

 早くも半信半疑の声が出始めている。阪神の新助っ人・キャンベル(29)のことだ。

 13日のDeNAとの練習試合に出場を直訴。5番指名打者で2打数無安打に終わった助っ人について、阪神OBはこう言うのだ。

「真面目で一生懸命というのは悪くない。でも、第1打席は見逃し三振。ストライクゾーンを確認したかったのかもしれんけど、積極性が見られなかった。今のところ褒めようにも褒めるところがない。当たれば飛ぶでもないし、確実にミートできるというのもない。引っ張ったらスタンドに持っていく雰囲気もない。甲子園は浜風がある分、右打者は有利なんだけど、地の利も生かせそうにない。だからといって守備が抜群にうまいわけでもないし……」

 ライバル球団のスコアラーは「好打者タイプと言うが、バットが下から出る打ち方で、ラインドライブがかかった打球が多い」と指摘。実戦が始まって本領を発揮する助っ人もいるにはいるが、金本監督以下の首脳陣の評価も似たようなものかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る