打撃期待はずれ…阪神新外国人キャンベルに“三くだり半”

公開日:  更新日:

「ホンマに大丈夫かな」

 早くも半信半疑の声が出始めている。阪神の新助っ人・キャンベル(29)のことだ。

 13日のDeNAとの練習試合に出場を直訴。5番指名打者で2打数無安打に終わった助っ人について、阪神OBはこう言うのだ。

「真面目で一生懸命というのは悪くない。でも、第1打席は見逃し三振。ストライクゾーンを確認したかったのかもしれんけど、積極性が見られなかった。今のところ褒めようにも褒めるところがない。当たれば飛ぶでもないし、確実にミートできるというのもない。引っ張ったらスタンドに持っていく雰囲気もない。甲子園は浜風がある分、右打者は有利なんだけど、地の利も生かせそうにない。だからといって守備が抜群にうまいわけでもないし……」

 ライバル球団のスコアラーは「好打者タイプと言うが、バットが下から出る打ち方で、ラインドライブがかかった打球が多い」と指摘。実戦が始まって本領を発揮する助っ人もいるにはいるが、金本監督以下の首脳陣の評価も似たようなものかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る