• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

打撃期待はずれ…阪神新外国人キャンベルに“三くだり半”

「ホンマに大丈夫かな」

 早くも半信半疑の声が出始めている。阪神の新助っ人・キャンベル(29)のことだ。

 13日のDeNAとの練習試合に出場を直訴。5番指名打者で2打数無安打に終わった助っ人について、阪神OBはこう言うのだ。

「真面目で一生懸命というのは悪くない。でも、第1打席は見逃し三振。ストライクゾーンを確認したかったのかもしれんけど、積極性が見られなかった。今のところ褒めようにも褒めるところがない。当たれば飛ぶでもないし、確実にミートできるというのもない。引っ張ったらスタンドに持っていく雰囲気もない。甲子園は浜風がある分、右打者は有利なんだけど、地の利も生かせそうにない。だからといって守備が抜群にうまいわけでもないし……」

 ライバル球団のスコアラーは「好打者タイプと言うが、バットが下から出る打ち方で、ラインドライブがかかった打球が多い」と指摘。実戦が始まって本領を発揮する助っ人もいるにはいるが、金本監督以下の首脳陣の評価も似たようなものかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る