日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

侍Jで唯一の本職 ソフトB松田「三塁手」へのこだわり

 2大会連続出場。本職が三塁手では、松田宣浩(ソフトバンク・33)が唯一の選出だ。小久保監督は「9番を立候補しているので、心おきなく9番で使える」と「9番・三塁」と起用法を明言。「もう緊張しない」と豪語するメンタル面、4強で敗退した前回のリベンジへの思い、ホットコーナーのこだわりなどを語った。

――前回大会で打率.333、15年のプレミア12では満塁本塁打。国際大会に強いのはなぜ?

「日の丸のユニホームを背負ってプレーするので、いつも以上に一球一球、打席でより集中します。いいのを打ちたいと思いますし、それがパワーになっています」

――緊張していないように見える。

「緊張しないです。もう。国を背負って野球のナンバーワンを決める大会に出させてもらっているだけでワクワクします。緊張感はありますが、その前に経験させてもらってワクワクする方が大きい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事