合宿で高評価 “鬼肩”G小林が「侍J正捕手」候補に大出世

公開日: 更新日:

 WBC日本代表の小林誠司(27=巨人)が代表内で存在感を増している。

 23日に侍ジャパンの強化合宿がスタート。追加メンバーの小林は当初「第3捕手」とみられていた。小久保監督も「セ・リーグの捕手も入れたかった。セで規定打席に到達した捕手は1人だけだった」とメンバー入りの理由をこう説明したが、事情が変わってきた。

 嶋(楽天)が下半身の張りでいまだ実戦に出場していない。小久保監督はこの日、「焦らせないようにやってもらう。今の状態でも、侍に必要な選手なので」と話したものの、こうなると大野(日本ハム)、小林の2捕手がより重要になってくる。あるNPB関係者がこう言った。

「小林が第3捕手なんて、とんでもない。エースの菅野が登板する試合ではコンビを組むだろうし、他の投手が投げる試合も出番はありそう。正捕手筆頭候補の大野は、相棒の大谷の欠場もあって安泰ではなくなった。誰とは決めず、投手との相性や調子がいい捕手が起用されるとみられます。小林が中心になる可能性だってありますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る