合宿で高評価 “鬼肩”G小林が「侍J正捕手」候補に大出世

公開日:

 WBC日本代表の小林誠司(27=巨人)が代表内で存在感を増している。

 23日に侍ジャパンの強化合宿がスタート。追加メンバーの小林は当初「第3捕手」とみられていた。小久保監督も「セ・リーグの捕手も入れたかった。セで規定打席に到達した捕手は1人だけだった」とメンバー入りの理由をこう説明したが、事情が変わってきた。

 嶋(楽天)が下半身の張りでいまだ実戦に出場していない。小久保監督はこの日、「焦らせないようにやってもらう。今の状態でも、侍に必要な選手なので」と話したものの、こうなると大野(日本ハム)、小林の2捕手がより重要になってくる。あるNPB関係者がこう言った。

「小林が第3捕手なんて、とんでもない。エースの菅野が登板する試合ではコンビを組むだろうし、他の投手が投げる試合も出番はありそう。正捕手筆頭候補の大野は、相棒の大谷の欠場もあって安泰ではなくなった。誰とは決めず、投手との相性や調子がいい捕手が起用されるとみられます。小林が中心になる可能性だってありますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る