「吐き気がする緊張感」 SB内川聖一がWBCの重圧を吐露

公開日:

 唯一の3大会連続出場。セ・パ両リーグで首位打者獲得経験のある“安打製造機”内川聖一(34・ソフトバンク)は「WBCがボクの人生を変えてくれた」と言う。09年の第2回大会は大活躍で世界一に大きく貢献。4強敗退に終わった13年の前回大会は自身のダブルスチール失敗がクローズアップされ、“戦犯”扱いされた。あれから4年。誰よりも日の丸を背負う重さ、大会の怖さを知る男に聞いた。

――唯一の3大会連続出場。侍ジャパンに経験を伝える立場でもある。

「いい経験もあれば悪い経験もあるので、難しい作業になります。試合の入り方は人それぞれ。こういうふうに入った方がいいとか、こうした方がいいんじゃないかと押しつける気持ちは全然ありません。でも、本大会になると強化試合とは雰囲気が変わってきます。絶対に勝たなければならない試合になる。大会が始まる前に一つのチームとして意思疎通ができて、コミュニケーションが取れた中で大会に臨みたいと思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  9. 9

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  10. 10

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

もっと見る