日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

情報漏れ懸念? 侍J小久保監督が早くもピリピリムード

「決起集会」にしては少々寂しいものだった。

 22日、WBC日本代表の侍ジャパンが宮崎合宿を翌日に控え、宿舎でミーティングを行った。沖縄キャンプからの移動組を乗せた那覇―宮崎間の飛行機が約1時間遅れるドタバタもあったが、小久保監督はミーティングの冒頭「ここにいるメンバーで勝ちにいく。世界を取るため戦いましょう」と語った。

 それにしても、この日の日の丸チームの対応は物足りないものだった。報道陣に公開されたのは、ミーティング冒頭の挨拶と、招集状授与のセレモニーのみ。その後に行われた小久保監督の囲み取材もカメラ撮影はNO。侍メンバーたちの取材もなかった。

■先発投手の名前も・・・・・

 小久保監督の囲み取材にしても、合宿ではサインプレーなどを取り入れることを明かしたものの、先発投手については「確定の選手には伝えてある」と、具体的な名前を挙げることは避けるなど、早くもピリピリムードが漂っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事