• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マギーを二塁に…由伸巨人“守備軽視”で長嶋時代に先祖返り

「そもそも、村田や阿部とポジションが同じ外国人を補強したところから始まっているんです。せっかく取ったんだから、使わなきゃもったいないというね。危機管理の一環かもしれないが、セカンドとは何を考えているのか。センターラインは守備の要ですよ」

 巨人OBでかつて投手コーチを務めた高橋善正氏(評論家)がこう言った。沖縄・那覇キャンプもあと3日となった昨27日、巨人の新助っ人・ケーシー・マギー(34=タイガース)がなんと、首脳陣の指示で初のセカンド練習。「チームに求められるのがセカンドというなら、喜んでやりたい」と、午前中に投内連係とシートノック。午後は立岡と特守というメニューをこなしたと聞き、高橋氏は「理解に苦しむ」と呆れるのだ。

 マギーはこれまで主に三塁を守っていた。当初の方針では、ここに一塁を加えて、村田、阿部とポジションを争わせるはずだった。が、3選手がそろって順調。特にマギーは開幕4番の最有力候補に挙げられている。4番候補の3人全員を使いたい高橋由伸監督。そこで助っ人を二塁へ回すプランが浮上したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る