侍Jと2次Rで対戦 オランダとイスラエルには曲者ズラリ

公開日:

「日本にはいい選手が多いけど、小久保監督の采配は疑問だ。ひょっとしたら選手の能力をそぐタイプじゃないか?」

 去る7日、WBC日本代表がキューバと対戦した試合中のこと。ネット裏にいたナ・リーグのスカウトがこう言ってクビをひねったのは、日本が1点リードで迎えた二回1死一塁の場面。

 打者・小林が2度、犠打を失敗した後、一塁走者の松田が盗塁に成功。小林の中前打で、結果としてチャンスは広がったものの、「相手先発のエンテンサはモーションが大きいうえ、クイックだってできない。最初から松田を走らせれば楽々セーフなのに、アウトカウントが増えるのを覚悟でバントのサインを2度も続けた理由が分からない」とアキレ顔でこう続けるのだ。

「監督采配で勝てる試合はそうそうないが、ベンチワークがまずければ、いくらでも負ける。当たり前のことを当たり前にやらせるのが最低限の仕事なのに、それすらしない、できないのはチームの足を引っ張っていることになる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る