ハム首脳が決断 崖っぷち斎藤佑は“おじぎ直球”を最大活用

公開日:  更新日:

「順調に来ている。ここまでやってきたことが出始めている。この感じならいけるんじゃないかと思う。あとは競争してもらうしかない」

 日本ハムの栗山監督がこう言った。「順調に来ている」とは7年目を迎えた斎藤佑樹(28)のこと。16日、韓国KIAタイガースとの練習試合に2番手で登板、2回を遊撃内野安打1本(内野の失策で1失点)に抑えた投球内容を評価、ローテ入りを競わせるつもりなのだ。

 本人も満足そうにこの日の投球を振り返った。

「とにかく結果を出すしかない。納得してるボールも多くなってきた。(30球中)15球くらいはよしとするボールだったと思う」

 斎藤の課題は投げる際の体重移動。踏み出す左足に体重が乗り切らないから、球威はなく、制球も定まらない。プロ入りして以来、指摘され続けてきたとあって、このオフから本格的なフォーム改造に取り組んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る