ハム首脳が決断 崖っぷち斎藤佑は“おじぎ直球”を最大活用

公開日: 更新日:

「順調に来ている。ここまでやってきたことが出始めている。この感じならいけるんじゃないかと思う。あとは競争してもらうしかない」

 日本ハムの栗山監督がこう言った。「順調に来ている」とは7年目を迎えた斎藤佑樹(28)のこと。16日、韓国KIAタイガースとの練習試合に2番手で登板、2回を遊撃内野安打1本(内野の失策で1失点)に抑えた投球内容を評価、ローテ入りを競わせるつもりなのだ。

 本人も満足そうにこの日の投球を振り返った。

「とにかく結果を出すしかない。納得してるボールも多くなってきた。(30球中)15球くらいはよしとするボールだったと思う」

 斎藤の課題は投げる際の体重移動。踏み出す左足に体重が乗り切らないから、球威はなく、制球も定まらない。プロ入りして以来、指摘され続けてきたとあって、このオフから本格的なフォーム改造に取り組んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る