日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハム首脳が決断 崖っぷち斎藤佑は“おじぎ直球”を最大活用

「順調に来ている。ここまでやってきたことが出始めている。この感じならいけるんじゃないかと思う。あとは競争してもらうしかない」

 日本ハムの栗山監督がこう言った。「順調に来ている」とは7年目を迎えた斎藤佑樹(28)のこと。16日、韓国KIAタイガースとの練習試合に2番手で登板、2回を遊撃内野安打1本(内野の失策で1失点)に抑えた投球内容を評価、ローテ入りを競わせるつもりなのだ。

 本人も満足そうにこの日の投球を振り返った。

「とにかく結果を出すしかない。納得してるボールも多くなってきた。(30球中)15球くらいはよしとするボールだったと思う」

 斎藤の課題は投げる際の体重移動。踏み出す左足に体重が乗り切らないから、球威はなく、制球も定まらない。プロ入りして以来、指摘され続けてきたとあって、このオフから本格的なフォーム改造に取り組んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事