強化試合後に監督が声を 筒香にドジャースもう“挨拶攻勢”

公開日: 更新日:

「ヘイ、ツツゴー」

 日本時間の20日、ドジャースとの強化試合でサヨナラ負けを喫した直後のことだった。

 クラブハウスに引き揚げるため、日本代表の面々と三塁側のファウルゾーンを歩いていた筒香に声がかかった。日本の主砲はこの日の試合でも2本の二塁打を放つなど好調を維持。メジャーのレギュラークラスと比較しても遜色ないスイングスピードとパワーを見せつけたその筒香をわざわざ待ち受け、呼び止めたのは、ドジャースの日本人スタッフを従えたデーブ・ロバーツ監督(44)である。

 沖縄県那覇市生まれのこの日系人監督に突然、声をかけられた筒香は一瞬、戸惑ったような表情を見せた。それもそのはず、名前を呼ばれたのは筒香だけ。誰? と驚いたのは当然だが、相手が名門球団の指揮官だと分かるや、にわかに表情を崩した。通訳を交え、互いに笑みを浮かべて、立ち話。話の中身までは分からないが、ロバーツ監督が筒香のガッシリした二の腕を確かめるように触れるシーンも。最後には、筒香が自ら携帯電話を取り出し、ツーショットの記念撮影を行った。接触したのは3分ほどだったが、挨拶だけというには長い時間だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る