強化試合後に監督が声を 筒香にドジャースもう“挨拶攻勢”

公開日:

「ヘイ、ツツゴー」

 日本時間の20日、ドジャースとの強化試合でサヨナラ負けを喫した直後のことだった。

 クラブハウスに引き揚げるため、日本代表の面々と三塁側のファウルゾーンを歩いていた筒香に声がかかった。日本の主砲はこの日の試合でも2本の二塁打を放つなど好調を維持。メジャーのレギュラークラスと比較しても遜色ないスイングスピードとパワーを見せつけたその筒香をわざわざ待ち受け、呼び止めたのは、ドジャースの日本人スタッフを従えたデーブ・ロバーツ監督(44)である。

 沖縄県那覇市生まれのこの日系人監督に突然、声をかけられた筒香は一瞬、戸惑ったような表情を見せた。それもそのはず、名前を呼ばれたのは筒香だけ。誰? と驚いたのは当然だが、相手が名門球団の指揮官だと分かるや、にわかに表情を崩した。通訳を交え、互いに笑みを浮かべて、立ち話。話の中身までは分からないが、ロバーツ監督が筒香のガッシリした二の腕を確かめるように触れるシーンも。最後には、筒香が自ら携帯電話を取り出し、ツーショットの記念撮影を行った。接触したのは3分ほどだったが、挨拶だけというには長い時間だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る