2試合連続再試合 甲子園も「タイブレーク制」導入加速か

公開日:  更新日:

 2014年9月、高野連は加盟校へのアンケート結果を発表した。延長タイブレーク制について、49.7%(硬式)の学校が導入すべきと回答した。

 26日のセンバツの結果を見れば、いよいよ甲子園での導入の動きが加速するかもしれない。

 第2試合の滋賀学園-福岡大大濠戦、第3試合の健大高崎-福井工大福井戦と2試合続けて、延長十五回引き分け再試合となった。春夏通じて史上初となる珍事に高野連の竹中事務局長も「前代未聞」と驚きを隠せなかった。

 福岡大大濠の三浦(3年)は15回、196球を投げ抜いた。滋賀学園は22日の東海大市原望洋戦でも延長十四回まで戦った。完投した棚原(3年)はこの日も2番手で登板。2試合で286球を投げている。再試合は2日後の28日。再戦する4校の中から決勝まで勝ち抜く学校が出てくれば、4日連続の過密日程をこなす必要がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る