日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アジア取手カントリー倶楽部 セグウェイ導入5年で10万人

攻めの経営、他コースとの差別化(提供写真)

 料金が手ごろなセルフプレースタイルが増えており、乗用カートでのラウンドが一般的だ。そして今、キャディーバッグを積むセグウェイ(電動立ち乗り2輪車)がゴルフ場に登場して注目を集める。

 5年前からセグウェイを導入するアジア取手カントリー倶楽部だ。話題…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事