契約延長と故障リスク…マー君の今季はジレンマ登板続く

公開日:

 レイズとの開幕戦に登板したものの、2回3分の2を8安打7失点でKOされ、黒星スタートとなった田中将大(28)は7年契約の4年目を迎えた今オフ、ヤンキースとの契約を破棄してFAになる権利をもっている。

 とはいえ、昨年までの田中に、年平均25億円近い年俸を超すカネを払おうという球団があるとは思えない。過去3年間の登板回数はいずれも200イニングに満たず、メジャー球団のエースとしては物足りない。中4日登板の成績はいまひとつで、間隔をあけた方がよいという起用法の注文もつく。メジャー1年目の右肘靱帯部分断裂が完治していないのが最大の懸案事項で、いわば爆弾を抱えながら投げ続けているようなものなのだ。

 ニューヨークメディアの中には、「田中はさっさとトレードに出すのが得策」という根強い論調がある。見返りに他球団の若手有望株を獲得、浮いた資金でオフに計算できる先発を取るか、いったん放出した田中をこれまで以下の年俸で買い戻せばよいというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  10. 10

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

もっと見る