カブス解雇の川崎 古巣ソフトB復帰も“マイナー”変わらず

公開日:  更新日:

 6年ぶりの古巣復帰となる。ソフトバンクが3月31日、カブスをクビになった川崎宗則(35)と入団で基本合意したと発表した。詳細は不明も、ソフトバンクは川崎に複数年契約を提示しているという。

 同日、帰国した川崎は1日に福岡市内で入団記者会見を行う。

 球団はWBC日本代表がカブスと練習試合を行った際に、川崎のプレーを確認済み。戦力になると判断したらしいが、問題は起用法だ。ただでさえ選手層の厚いソフトバンクで、どうやって使うのか。

 川崎が本職としている遊撃と二塁にはそれぞれ、今宮と本多がいる。今宮は25歳と若く、昨季まで4年連続ゴールデングラブ賞と、こちらを外す選択肢はない。ケガがちだった本多も昨季は110試合に出場し、打率.280、23盗塁。今季は「40盗塁を目指す!」と意気込み、オープン戦でも好調だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る