カブス解雇の川崎 古巣ソフトB復帰も“マイナー”変わらず

公開日: 更新日:

 6年ぶりの古巣復帰となる。ソフトバンクが3月31日、カブスをクビになった川崎宗則(35)と入団で基本合意したと発表した。詳細は不明も、ソフトバンクは川崎に複数年契約を提示しているという。

 同日、帰国した川崎は1日に福岡市内で入団記者会見を行う。

 球団はWBC日本代表がカブスと練習試合を行った際に、川崎のプレーを確認済み。戦力になると判断したらしいが、問題は起用法だ。ただでさえ選手層の厚いソフトバンクで、どうやって使うのか。

 川崎が本職としている遊撃と二塁にはそれぞれ、今宮と本多がいる。今宮は25歳と若く、昨季まで4年連続ゴールデングラブ賞と、こちらを外す選択肢はない。ケガがちだった本多も昨季は110試合に出場し、打率.280、23盗塁。今季は「40盗塁を目指す!」と意気込み、オープン戦でも好調だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る