権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

小久保監督が「投手12人でも構いませんか」と聞いてきた

公開日: 更新日:

 WBCから帰国して3日後、何げなくテレビを眺めていたら、朝の情報番組でコメンテーターを務める張本勲君が、自身が持つ人気コーナーで大会を振り返っていた。日本が米国に敗れた準決勝に触れ、「指導者経験のない小久保監督にはいいコーチをつけてやるべきだった。コーチが監督の言うことを聞かないで、チームをかき回していてはダメですよ」というようなことを言っているのを聞きながら、はて、誰のことだろうか? と思っていたら、知人からメールが来た。

「あれ、権藤さんのことですか?」

 冷やかすように聞いてくるので、こちらも冗談で返したが、“小久保監督と衝突するとしたら、権藤しかいない”と思った人が多かったかもしれない。今回の侍ジャパンの首脳陣で45歳の小久保監督より年が上なのは、48歳の奈良原ヘッドコーチと私しかいなかった。特に私は、監督とふた回り以上も違う78歳。過去に近鉄や中日の投手コーチとして、選手を守るために監督とずいぶんやりあってきたのは事実だから、そんなイメージを持たれるのは仕方がない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る