ガルシアがメジャー74大会目で初V スペイン勢3人目の快挙

公開日: 更新日:

【マスターズ】

 その瞬間、セベも天国でガッツポーズをしただろう。

 一騎打ちとなったS・ガルシア(37=世界ランク11位)とJ・ローズ(36=同14位)の優勝争いは、72ホールで決着がつかずプレーオフへ突入。1ホール目(18番)にローズが第1打を右に曲げ、4メートルのパーパットを外す。ガルシアは下り2メートルのバーディーパットを沈めると膝を折って両手でガッツポーズ。悲願のメジャータイトルを手にした。ちなみに2015年全米プロから6大会連続でメジャー初優勝が続いている。

 見応えのある一騎打ちだった。ともに6アンダー、首位タイからスタート。前半は同じ34で回り、8アンダーで折り返す。バックナインに入るとガルシアが突然崩れ出す。10番、11番のボギーで2打後退。13番は第1打を左サイドに流れるクリークのさらに左に曲げるトラブルになり、2打目が打てずアンプレアブル。しかし、3打目をフェアウエーに出し、残り89ヤードの4打目を1.5メートルに寄せてパーで切り抜けた。それでもゲームの流れは13年の全米オープン覇者で、昨年のリオ五輪金メダリストのローズに傾いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  8. 8

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  9. 9

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る