ガルシアがメジャー74大会目で初V スペイン勢3人目の快挙

公開日:  更新日:

【マスターズ】

 その瞬間、セベも天国でガッツポーズをしただろう。

 一騎打ちとなったS・ガルシア(37=世界ランク11位)とJ・ローズ(36=同14位)の優勝争いは、72ホールで決着がつかずプレーオフへ突入。1ホール目(18番)にローズが第1打を右に曲げ、4メートルのパーパットを外す。ガルシアは下り2メートルのバーディーパットを沈めると膝を折って両手でガッツポーズ。悲願のメジャータイトルを手にした。ちなみに2015年全米プロから6大会連続でメジャー初優勝が続いている。

 見応えのある一騎打ちだった。ともに6アンダー、首位タイからスタート。前半は同じ34で回り、8アンダーで折り返す。バックナインに入るとガルシアが突然崩れ出す。10番、11番のボギーで2打後退。13番は第1打を左サイドに流れるクリークのさらに左に曲げるトラブルになり、2打目が打てずアンプレアブル。しかし、3打目をフェアウエーに出し、残り89ヤードの4打目を1.5メートルに寄せてパーで切り抜けた。それでもゲームの流れは13年の全米オープン覇者で、昨年のリオ五輪金メダリストのローズに傾いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る