ガルシアがメジャー74大会目で初V スペイン勢3人目の快挙

公開日: 更新日:

【マスターズ】

 その瞬間、セベも天国でガッツポーズをしただろう。

 一騎打ちとなったS・ガルシア(37=世界ランク11位)とJ・ローズ(36=同14位)の優勝争いは、72ホールで決着がつかずプレーオフへ突入。1ホール目(18番)にローズが第1打を右に曲げ、4メートルのパーパットを外す。ガルシアは下り2メートルのバーディーパットを沈めると膝を折って両手でガッツポーズ。悲願のメジャータイトルを手にした。ちなみに2015年全米プロから6大会連続でメジャー初優勝が続いている。

 見応えのある一騎打ちだった。ともに6アンダー、首位タイからスタート。前半は同じ34で回り、8アンダーで折り返す。バックナインに入るとガルシアが突然崩れ出す。10番、11番のボギーで2打後退。13番は第1打を左サイドに流れるクリークのさらに左に曲げるトラブルになり、2打目が打てずアンプレアブル。しかし、3打目をフェアウエーに出し、残り89ヤードの4打目を1.5メートルに寄せてパーで切り抜けた。それでもゲームの流れは13年の全米オープン覇者で、昨年のリオ五輪金メダリストのローズに傾いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  5. 5

    河野行革相なのにワクチン担当兼務 菅首相の真の狙いは

  6. 6

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  7. 7

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  8. 8

    杉尾氏の質問に時間稼ぎ答弁 優秀な官僚はトップと同質化

  9. 9

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  10. 10

    西村大臣ブレブレ…コロナ感染「徹底対策」の空虚な説得力

もっと見る