4日目でベストスコアも…松山11位、3年連続トップ10逃す

公開日: 更新日:

【マスターズ】

 上位進出を狙ったムービングサタデー(大会3日目)につまずき16位から28位に後退。トップと10打差になり、さすがに世界ランク4位の松山英樹(25)でも、「もう(優勝の)チャンスはない」とあきらめるしかなかったか。

 メジャーの優勝争いは最終日に2日分のエネルギーが必要といわれる。

 そんな体力消耗がなく、シビレもなければ、のびのびプレーできるのも当然だ。

 3日目までバーディーを1度も決められなかった2番パー5はピン左18メートルに2オンに成功すると2パットで初めてバーディーを奪った。

 6番で3パットボギーをたたくも、前半は7番、8番の連続バーディーで2つスコアを戻してターン。

 得意の10番は2打目をピンそば1.8メートルにつけて3日連続バーディー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る