4日目でベストスコアも…松山11位、3年連続トップ10逃す

公開日: 更新日:

【マスターズ】

 上位進出を狙ったムービングサタデー(大会3日目)につまずき16位から28位に後退。トップと10打差になり、さすがに世界ランク4位の松山英樹(25)でも、「もう(優勝の)チャンスはない」とあきらめるしかなかったか。

 メジャーの優勝争いは最終日に2日分のエネルギーが必要といわれる。

 そんな体力消耗がなく、シビレもなければ、のびのびプレーできるのも当然だ。

 3日目までバーディーを1度も決められなかった2番パー5はピン左18メートルに2オンに成功すると2パットで初めてバーディーを奪った。

 6番で3パットボギーをたたくも、前半は7番、8番の連続バーディーで2つスコアを戻してターン。

 得意の10番は2打目をピンそば1.8メートルにつけて3日連続バーディー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  4. 4

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  5. 5

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  6. 6

    あのスルガは801万円の厚遇 銀行の「平均給与」ランク

  7. 7

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  8. 8

    テーマは“安倍首相の嘘” 望月衣塑子記者がトークショー

  9. 9

    焼き肉業界に足かけ7年 元ロッテ藤田宗一さんの第二の人生

  10. 10

    ソニーだけが1000万円超え 大手電機8社の「平均給与」は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る