イチローのボスにジーター? マーリンズ買収交渉中と報道

公開日:  更新日:

 球団の身売りが噂されるイチロー所属のマーリンズに買い手が現れた。

 5日付(日本時間6日)のFOXビジネス(電子版)の報道によれば、マーリンズの買収に動いている投資家グループの1人に、ヤンキースのレジェンドであるデレク・ジーター元内野手(42)が名を連ねているという。

 ジーターは「メジャーリーグの球団オーナーになるのが夢」と話すなど、かねて球団経営に関心を示していた。メジャー20年間の年俸総額は約265億円。CM収入や株式投資の運用益など、現役時代には500億円近くを稼いだといわれている。

 しかし、マーリンズの売却価格は1800億円で、単独での買収は不可能だ。

 記事によるとジーターは、金融大手モルガン・スタンレーで投資運用部門の責任者を務めたグレゴリー・フレミング氏と共同で出資するとしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る