• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

長期離脱にスカウト騒然…大谷の今オフ「米移籍」消滅か

「日本にいるメジャー球団のスカウトはほぼ全員、米国にメールでリポートを送ったと聞いています。8日の試合で左太ももを負傷、途中交代した一報が入るや否や、彼らは大騒ぎに。翌9日には復帰まで1カ月半かかるという球団トレーナーの見立ても含め、米国のフロント幹部に報告を入れたそうです」

 こう言うのは米西海岸の代理人関係者だ。

 8日のオリックス戦で内野ゴロを放った際の走塁で負傷、大阪市内の病院で「左大腿二頭筋肉離れ」と診断された日本ハムの大谷翔平(22)。災難は続くもので、10日にはインフルエンザB型と診断され、同日予定していた鎌ヶ谷のファーム施設行きが取りやめになるなど、踏んだり蹴ったりである。

 インフルもさることながら、深刻なのが左太もも肉離れの影響だ。日本ハムの福島チーフトレーナーは9日、「4週間後には動けるだろうが、実戦復帰はそこから2週間くらいになる」とコメント。大谷の長期離脱に米球界も騒然となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る