長期離脱にスカウト騒然…大谷の今オフ「米移籍」消滅か

公開日:

「日本にいるメジャー球団のスカウトはほぼ全員、米国にメールでリポートを送ったと聞いています。8日の試合で左太ももを負傷、途中交代した一報が入るや否や、彼らは大騒ぎに。翌9日には復帰まで1カ月半かかるという球団トレーナーの見立ても含め、米国のフロント幹部に報告を入れたそうです」

 こう言うのは米西海岸の代理人関係者だ。

 8日のオリックス戦で内野ゴロを放った際の走塁で負傷、大阪市内の病院で「左大腿二頭筋肉離れ」と診断された日本ハムの大谷翔平(22)。災難は続くもので、10日にはインフルエンザB型と診断され、同日予定していた鎌ヶ谷のファーム施設行きが取りやめになるなど、踏んだり蹴ったりである。

 インフルもさることながら、深刻なのが左太もも肉離れの影響だ。日本ハムの福島チーフトレーナーは9日、「4週間後には動けるだろうが、実戦復帰はそこから2週間くらいになる」とコメント。大谷の長期離脱に米球界も騒然となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る