メジャー日本人投手揃って被弾 制球ミス招く米球場の特性

公開日: 更新日:

 メジャーの日本人先発右腕が今季初戦で揃って被弾した。

 4日(日本時間5日)はドジャース・前田健太(28)がパドレス戦、マリナーズ・岩隈久志(35)がアストロズ戦に今季初登板。前田は5回を6安打(1本塁打)3失点、岩隈は6回を4安打(2本塁打)2失点で、共に初黒星を喫した。これで開幕投手を務めたヤンキース・田中将大(28)、レンジャーズ・ダルビッシュ有(30)も含め、今季初戦は揃って一発を浴びたことが原因、あるいはきっかけとなって白星を逃した。

「投げる球がなかった」とスプリットに頼り、単調な投球に陥った田中は言うまでもなく、ダルも前田も制球ミスから手痛い一発を許した。ダルはツーシームが真ん中に入り、前田はチェンジアップが高めに浮いたところを捉えられた。いずれも明らかな失投である。

 パワーヒッターが目白押しのメジャーで、好投手でも一発を浴びるのは珍しくない。サイ・ヤング賞右腕のシャーザー(ナショナルズ)は昨季20勝しながら、31本も打たれている。要は肝心な場面で制球ミスをするかどうかが明暗を分けているのだ。今季の日本人投手はいずれも手痛いミスが命取りになったが、本塁打のなかには外的要因に左右されるケースもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

もっと見る