メジャー日本人投手揃って被弾 制球ミス招く米球場の特性

公開日: 更新日:

 メジャーの日本人先発右腕が今季初戦で揃って被弾した。

 4日(日本時間5日)はドジャース・前田健太(28)がパドレス戦、マリナーズ・岩隈久志(35)がアストロズ戦に今季初登板。前田は5回を6安打(1本塁打)3失点、岩隈は6回を4安打(2本塁打)2失点で、共に初黒星を喫した。これで開幕投手を務めたヤンキース・田中将大(28)、レンジャーズ・ダルビッシュ有(30)も含め、今季初戦は揃って一発を浴びたことが原因、あるいはきっかけとなって白星を逃した。

「投げる球がなかった」とスプリットに頼り、単調な投球に陥った田中は言うまでもなく、ダルも前田も制球ミスから手痛い一発を許した。ダルはツーシームが真ん中に入り、前田はチェンジアップが高めに浮いたところを捉えられた。いずれも明らかな失投である。

 パワーヒッターが目白押しのメジャーで、好投手でも一発を浴びるのは珍しくない。サイ・ヤング賞右腕のシャーザー(ナショナルズ)は昨季20勝しながら、31本も打たれている。要は肝心な場面で制球ミスをするかどうかが明暗を分けているのだ。今季の日本人投手はいずれも手痛いミスが命取りになったが、本塁打のなかには外的要因に左右されるケースもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  10. 10

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る