春巡業全休で治療に専念 稀勢の里「怪我回復6割」の吉凶

公開日:

 本人にとって「もう6割」か、それとも「まだ6割」なのか。

 横綱稀勢の里(30)は先場所13日目(3月24日)の日馬富士戦で、左上腕二頭筋と左大胸筋を損傷。「1カ月の療養が必要」と診断された。現在は巡業を休み、治療と稽古に専念している。

 親しい関係者によれば、稀勢の里は「回復具合は6割ぐらい」と話しているという。つまり、巡業は全休が確定。問題は来月14日に初日を迎える5月場所だ。

 ある親方は「普通ならば、何も心配することはないが……」と、こう言う。

「なにせ、クソがつくほどマジメな力士ですからね。以前から『力士には神秘性がないといけない』と言い、ツイッターやブログなどは一切やっていない。横綱に昇進してからは、今まで以上に立ち居振る舞いを気にするようになった。それだけに、巡業に出場していない現在は相当苦悩しているはず。『ファンのためにも、回復次第であわよくば……』なんて思いかねないのが、稀勢の里という力士です。そこで無理をしてケガが悪化するようなことがあれば、元も子もない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る