モンゴル勢の怒り増幅 稀勢の里を病院送りにした“真犯人”

公開日: 更新日:

「あの日馬富士の立ち合い時の鬼気迫る表情を見たかい? 稀勢の里をまるで親の敵みたいに、ものすごい目つきで睨んでただろう。取り口にしてもすさまじかった。ケガがちで引退をささやかれている32歳が、もう失うものはないみたいに全身全霊でぶつかっていった。ありゃ、腹に一物どころか、恨み骨髄って感じだったな」

 親方のひとりがこう言った。

 手負いの新横綱稀勢の里(30)が先の春場所で優勝。左肩周辺を痛めながら千秋楽の本割、優勝決定戦に連勝する姿は人々の感動を誘ったが、この親方が指摘するのは13日目(24日)、結びの一番で日馬富士が稀勢の里を寄り倒して病院送りにした一番に関してだ。

「日馬富士だけじゃないさ。照ノ富士にしても千秋楽の本割で、待ったがかかったものの、いきなり稀勢の里の痛めた左肩を攻めようとした。モンゴル人力士たちはそろって、稀勢の里フィーバーを快く思っていない。これまで土俵を支えてきたのは自分たちなのに、稀勢の里が横綱に昇進したいまは、ヒール役同然だからね。冗談じゃないという怒りが、稀勢の里に向かったのさ」とは前出の親方だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  7. 7

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  8. 8

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  9. 9

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る