• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

モンゴル勢の怒り増幅 稀勢の里を病院送りにした“真犯人”

「あの日馬富士の立ち合い時の鬼気迫る表情を見たかい? 稀勢の里をまるで親の敵みたいに、ものすごい目つきで睨んでただろう。取り口にしてもすさまじかった。ケガがちで引退をささやかれている32歳が、もう失うものはないみたいに全身全霊でぶつかっていった。ありゃ、腹に一物どころか、恨み骨髄って感じだったな」

 親方のひとりがこう言った。

 手負いの新横綱稀勢の里(30)が先の春場所で優勝。左肩周辺を痛めながら千秋楽の本割、優勝決定戦に連勝する姿は人々の感動を誘ったが、この親方が指摘するのは13日目(24日)、結びの一番で日馬富士が稀勢の里を寄り倒して病院送りにした一番に関してだ。

「日馬富士だけじゃないさ。照ノ富士にしても千秋楽の本割で、待ったがかかったものの、いきなり稀勢の里の痛めた左肩を攻めようとした。モンゴル人力士たちはそろって、稀勢の里フィーバーを快く思っていない。これまで土俵を支えてきたのは自分たちなのに、稀勢の里が横綱に昇進したいまは、ヒール役同然だからね。冗談じゃないという怒りが、稀勢の里に向かったのさ」とは前出の親方だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る