粘投で連敗止めた日ハム加藤貴之はオシャレも“遅咲き”

公開日:  更新日:

 六回終了時点で味方打線は、バンデンハークの前に無安打無得点。今夜もまた……。いや~なムードも流れる中、ソフトバンク相手に7回を4安打無失点に抑えたのが日本ハム2年目の左腕・加藤貴之(24)だ。

 降板後の八回に同点に追い付かれ、2勝目(1敗)とはならなかったものの、延長十回に中田が3ランを放って連敗は10でストップ。加藤の粘り強い投球が久々の白星を引き寄せたと言っても過言ではない。

 拓大紅陵(千葉)、新日鉄住金かずさマジックを経て、2015年のドラフト2位で入団。高校時代は投手も、かずさマジックには野手で入社。社会人2年目、投手に再転向してブレークした変わり種だ。

 球速は140キロに満たないが、腕が遅れて出てくるため、打者はタイミングが取りづらい。ボールの出どころが見えにくいうえに、カーブとスライダーの低めへのコントロールがいい点も強み。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る