粘投で連敗止めた日ハム加藤貴之はオシャレも“遅咲き”

公開日:  更新日:

 六回終了時点で味方打線は、バンデンハークの前に無安打無得点。今夜もまた……。いや~なムードも流れる中、ソフトバンク相手に7回を4安打無失点に抑えたのが日本ハム2年目の左腕・加藤貴之(24)だ。

 降板後の八回に同点に追い付かれ、2勝目(1敗)とはならなかったものの、延長十回に中田が3ランを放って連敗は10でストップ。加藤の粘り強い投球が久々の白星を引き寄せたと言っても過言ではない。

 拓大紅陵(千葉)、新日鉄住金かずさマジックを経て、2015年のドラフト2位で入団。高校時代は投手も、かずさマジックには野手で入社。社会人2年目、投手に再転向してブレークした変わり種だ。

 球速は140キロに満たないが、腕が遅れて出てくるため、打者はタイミングが取りづらい。ボールの出どころが見えにくいうえに、カーブとスライダーの低めへのコントロールがいい点も強み。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る