年俸大幅増で闘争心薄れ…10連敗ハムはまだ“日本一ボケ”

公開日:  更新日:

 誕生日にも笑顔はなかった。日本ハムは26日のソフトバンク戦にも負けて12年ぶりの10連敗。同日、56歳になった栗山監督は、この日も選手批判は口にしなかったが、四回には甲斐の遊ゴロを捕球した中島の何でもない送球を中田がポロリ。気の抜けたプレーにベンチは呆れ顔だった。

 昨季日本一のチームが開幕から22試合で借金14。勝率1割8分2厘の最下位は異常だ。投打の主力である大谷が左大腿二頭筋の肉離れで離脱中ということを差し引いても、選手に覇気が感じられないのは、「日本一ボケ」が原因ではないか。

 昨季、39本塁打でタイトルを取ったレアードは、1億円の年俸が2年総額6億円までアップ。この日はソロ弾を放つも、もっか8打点は寂しい限り。精彩を欠く中島、西川も1億円の大台に乗り、右肘の張りを訴えて登録抹消中の守護神マーティンも2000万円増の1億円に。打撃不振の中田にしても、3500万円増の2億8000万円プラス出来高で契約更改している。大幅増の主力たちはお腹いっぱいで闘争心が薄れているのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る