• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

年俸大幅増で闘争心薄れ…10連敗ハムはまだ“日本一ボケ”

 誕生日にも笑顔はなかった。日本ハムは26日のソフトバンク戦にも負けて12年ぶりの10連敗。同日、56歳になった栗山監督は、この日も選手批判は口にしなかったが、四回には甲斐の遊ゴロを捕球した中島の何でもない送球を中田がポロリ。気の抜けたプレーにベンチは呆れ顔だった。

 昨季日本一のチームが開幕から22試合で借金14。勝率1割8分2厘の最下位は異常だ。投打の主力である大谷が左大腿二頭筋の肉離れで離脱中ということを差し引いても、選手に覇気が感じられないのは、「日本一ボケ」が原因ではないか。

 昨季、39本塁打でタイトルを取ったレアードは、1億円の年俸が2年総額6億円までアップ。この日はソロ弾を放つも、もっか8打点は寂しい限り。精彩を欠く中島、西川も1億円の大台に乗り、右肘の張りを訴えて登録抹消中の守護神マーティンも2000万円増の1億円に。打撃不振の中田にしても、3500万円増の2億8000万円プラス出来高で契約更改している。大幅増の主力たちはお腹いっぱいで闘争心が薄れているのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

もっと見る